三重県公立高校入試の後期選抜の内申点ボーダーは?

「三重県公立高校の各高校の後期選抜の内申点ボーダーはいくつですか?」 とよく質問されますが・・・。
三重県公立高校入試においては、「そんなのはありません」というのが回答になります。

 三重県公立高校の入学者選抜においては、「単に調査書を点数化し、学力検査得点と合算して合否判定を行っていないこと、及び学力検査の成績だけで選抜せず、総合的な観点から最終の合否判定を行っている」 からです。
※三重県情報公開審査会答申第133号参照

 ただ、これはあくまでも建前上ですよね。実際にはボーダーらしきものは感じています。
 ということで、実際の私の進路指導は下記のような感じで行っています。
 〇に数字が入りますが、その年度によって変えています。

【進路指導の一例】
・桑名高校普通科
 9科〇以上はGo、未満はStayでリスクを負えるなら9科〇でもGo
・川越高校普通科
 9科〇以上はGo、未満はStayでリスクを負えるなら9科〇でもGo
・桑名西高校
 9科〇以上はGo、但し、満たしていてもある条件に該当する場合はStay

 実際は、お子さんの偏差値や私立高校の合格状況なども加味して、まさに総合判断の上、受験校を決めます。

《こちらもどうぞ》
2023年度の三重県の高校入試はちょっと要注意!
三重県2023年度高校入試 ココは要注意!

関連記事

  1. 令和5年度三重県立高校入試について |桑名市の塾ミック

  2. 2023年度の三重県の高校入試はちょっと要注意!

  3. 国が初の指針「経済学部の受験科目に数学」

  4. 三重県公立高校入試後期選抜に向けて

  5. 大学共通テストに動きが・・・|桑名市の塾ミック

  6. 私立高校の推薦入試について|桑名市個別指導塾ミック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA