中3生の3学期の定期テストは対策すべきか

本日の祝日も通常通り開校しました
午後からは中3生の定期テスト対策を行いました。
通常授業についても中3生についてはテスト対策授業に切り替えています。

ただ、今回の定期テスト対策についてはこれまでのテストのときほどは時間をかけてはいません。
私立高校入試や公立校入試の前期選抜対策を並行的に行っていく必要もあります。
また、今回のテストの結果が中学校の先生たちにどれだけ評価されるのかが読めないからです。

三重県立高等学校入学者選抜実施要項では、「調査書の作成」 については・・・
「後期選抜・・・を志願する者については、第1学期及び第2学期の成績を十分加味した第3学期の1月末現在の成績を、目標に準拠した評価(いわゆる絶対評価)により5段階で評定し、記入する。」
と規定されています。

この「十分加味した」については、各中学校判断らしいのですが・・・、
個人的な感覚としては、「加味し過ぎでは??」というケースの方が多いような気がしています。
ただ、そうはいっても最低限のテスト対策は必要です。

特に実技4科です。
市内中学校では、実技4科では上位50%に「4」「5」の評価をつけているケースが大半です。
二人に一人は「5」または「4」がついているわけです。
中には、上位70%近い生徒さんに「4」「5」の評価をつけている先生もいらっしゃいます。
その一方で上位3割程度にしか「4」「5」の評価をつけない極端な先生もいらっしいます。

そう考えると、一般的なテスト対策よりも、「中学校の先生対策」に重点を置いた方が成績はUPするかもしれませんね
さぁー、テストに向けてがんばりましょう!

《こちらもどうぞ》
内申点を意識しながら|桑名市の塾ミック
この日曜日もテスト対策|桑名市の塾ミック

関連記事

  1. 一人ひとりの点数アップのために|桑名市の塾

  2. 夏期講習盛況です!! |桑名市の塾ミック

  3. 今週もテスト対策一色 |桑名市の塾ミック

  4. 本日から授業再開 |桑名市の塾ミック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA